androidのアプリ開発をしましょう|新時代の幕開け

ネットワーク

アプリ処理時間計測

携帯

HTML5の時間計測

アプリ開発を行う上で、リッチな機能・デザインにこだわることも重要なポイントとなりますが、アプリを利用する側のスマートデバイスの性能、LTE、3G、WiFiといったネットワーク速度、WEBブラウザ性能などもアプリ開発を行う上で重要なポイントになります。これらの性能は利用している側から見てみないと、正確な性能値を知ることはできません。HTML5を利用したアプリ開発では、ナビゲーションAPIを利用することで、サーバへの接続時間、WEBサーバへリクエスト要求後のレスポンス応答して実際にサイトデータを受信するまでの時間、ブラウザでサイトデータを解析して描画処理にかかる時間、各種スクリプト類をロードするために要した時間を取得することができます。これによりベストなWEBアプリ開発方法を検討することができます。

ネットワーク設計

ナビゲーションAPIは、このような各ポイントポイントの処理時間を取得することができる機能に付け加え、ネットワークルート情報を取得することが可能です。このため、各処理時間の取得を組み合わせることで、ドメインアクセスにかかるトラフィックを算出することが可能になります。アプリ開発におけるウィークポイントを処理時間から発見し、改善を図ることが可能になります。処理時間はスマートデバイス毎に異なる部分があると考えますので、複数のデバイスの処理時間を集計して改善ポイントを掘り下げるような対応をするように注意をします。ネットワークトラフックについては、ドメイン基盤自体にネックがありそうと把握ができるので、ロードバランサの調整等も行う事ができるようになります。